交通事故の慰謝料は弁護士に依頼すると増えるのか

交通事故の慰謝料は弁護士に依頼すると増えるのか

交通事故後において、もっとも面倒なのは、慰謝料にまつわる交渉です。
いくら気が進まないからといって、話し合いを拒絶すれば一円も入ってきません。
しかし、事故に遭ってしまえば、治療費だけでなく、仕事に出られないことの損失も降り掛かってきます。
それを補うものは、加害者から支払われる慰謝料に他なりません。

 

そのため、どのような状況にあっても相手との交渉が求められます。
とはいうものの当事者同士で話し合うのではなく、保険会社を介することが通例です。
中にはさらに弁護士を雇い、交渉にあたってもらう人も少なくありません。
これは慰謝料の増額を狙った試みですが、本当に効果があるかどうかを教えてくれる人は稀です。
しかし実際増えるかというと、その可能性は大といえます。
慰謝料交渉にあたる自動車保険の担当者は、百戦錬磨のプロフェッショナルです。
その技術は契約した人間ではなく、もっぱら自社の利益を守るために使われます。
すなわち、少しでも支払う慰謝料を減額させるために、巧みな手段を用いてくるのです。

 

そのためなら、心証が悪くなることもお構いなしであり、たいへん不快な場面に遭遇することもあります。
むしろ立腹させることにより、交渉の打ち切りを促すことさえありますから、警戒が必要です。特殊な教育を受けてでもいない限り、このような相手と真正面からやりあうことはできません。
だからこそ、弁護士という法律の専門家を依頼することが大切です。
たとえ世界一口が達者な人間でも、国が定めた決まりごとに逆らうわけにはいきません。

 

弁護士はあくまで、契約者の利益を第一に考えてくれますので安心です。
このことは、保険の担当者もよく理解していますので、法律の専門家が出てきた段階で、強引な行動には出ません。
結果として、スムーズな慰謝料交渉と、正当な増額が期待できます。
トラブルの解決においては、お金こそが誠意のバロメーターです。
弁護士に頼んで、きっちりと慰謝料を勝ち取っていきましょう。
おススメは交通事故は弁護士、神戸AI法律事務所
事故で壊れた携帯はiphone修理 京都アイスマイル